杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露  - 映画
げいのうまとめんぬ

杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 

2023/09/03
映画 0
  • 杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot. 2023/09/02/ 100 世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。
  • 日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。
  • AERA2023年9月4日号より。
  • ――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。
  • 「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。
  • 呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。
  • 企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。
  • 杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。
  • 呉:「素パスタ」!?(笑) 杏:そう。
  • 呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

1:

杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot.
https://dot.asahi.com/articles/-/200151

2023/09/02/ 11:00

世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。AERA2023年9月4日号より。

――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。日本からは国際的に評価され、2児の母でもある呉美保監督に白羽の矢が立った。

呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

杏:監督から「同じ母親である人に演じてもらいたい」とおっしゃっていただき、参加できて嬉しいです。撮影中もお互い「お母さん」をやりつつ参加できる優しいスケジュールを組んでいただけましたし、うちの上の二人が監督のお子さんと年齢が近いので、撮影の合間もけっこう育児トークをしましたよね。

呉:そうそう(笑)。

(略)

「作らなきゃ愛情じゃない」
――3月にニューヨークの国連総会ホールで行われた試写会では「日本の作品が一番よかった」「泣いた」と感想が寄せられた。

呉:嬉しいですね。どの作品もそれぞれの国の文化と、コロナも含めた時代の移り変わりを見られる意味のある作品ばかりで、そこに自分が参加できたということが誇らしいです。

杏:日本人のリアルな生活を海外に見せることができた点でも意義があると思います。子どもが「行ってきます」と一人で学校に行くのも驚かれると思うし、なにより「日本のママってこんなにご飯を作っているんだ!」とびっくりすると思う。

呉:フランスではない?

杏:朝から火を使うことはあまりないと聞きます。ビスケットとミルクと果物とか。週末に手の込んだ料理をするぐらいのイメージ。

呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。

杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている。

呉:言葉にせずとも、それが求められちゃっている日本のこの感じ。しかもやらないとなぜか罪悪感を抱いたりもするんですよね。「ああ野菜が足りない」とか。

杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

前スレ (★1 2023/09/02(土) 12:16:26.61)

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693624586/

22:

>>1 杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot.
https://dot.asahi.com/articles/-/200151

2023/09/02/ 11:00

世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。AERA2023年9月4日号より。

――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。日本からは国際的に評価され、2児の母でもある呉美保監督に白羽の矢が立った。

呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

杏:監督から「同じ母親である人に演じてもらいたい」とおっしゃっていただき、参加できて嬉しいです。撮影中もお互い「お母さん」をやりつつ参加できる優しいスケジュールを組んでいただけましたし、うちの上の二人が監督のお子さんと年齢が近いので、撮影の合間もけっこう育児トークをしましたよね。

呉:そうそう(笑)。

(略)

「作らなきゃ愛情じゃない」
――3月にニューヨークの国連総会ホールで行われた試写会では「日本の作品が一番よかった」「泣いた」と感想が寄せられた。

呉:嬉しいですね。どの作品もそれぞれの国の文化と、コロナも含めた時代の移り変わりを見られる意味のある作品ばかりで、そこに自分が参加できたということが誇らしいです。

杏:日本人のリアルな生活を海外に見せることができた点でも意義があると思います。子どもが「行ってきます」と一人で学校に行くのも驚かれると思うし、なにより「日本のママってこんなにご飯を作っているんだ!」とびっくりすると思う。

呉:フランスではない?

杏:朝から火を使うことはあまりないと聞きます。ビスケットとミルクと果物とか。週末に手の込んだ料理をするぐらいのイメージ。

呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。

杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている。

呉:言葉にせずとも、それが求められちゃっている日本のこの感じ。しかもやらないとなぜか罪悪感を抱いたりもするんですよね。「ああ野菜が足りない」とか。

杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

前スレ (★1 2023/09/02(土) 12:16:26.61)

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693624586/


ええじゃないか2023

30:

>>1 杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot.
https://dot.asahi.com/articles/-/200151

2023/09/02/ 11:00

世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。AERA2023年9月4日号より。

――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。日本からは国際的に評価され、2児の母でもある呉美保監督に白羽の矢が立った。

呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

杏:監督から「同じ母親である人に演じてもらいたい」とおっしゃっていただき、参加できて嬉しいです。撮影中もお互い「お母さん」をやりつつ参加できる優しいスケジュールを組んでいただけましたし、うちの上の二人が監督のお子さんと年齢が近いので、撮影の合間もけっこう育児トークをしましたよね。

呉:そうそう(笑)。

(略)

「作らなきゃ愛情じゃない」
――3月にニューヨークの国連総会ホールで行われた試写会では「日本の作品が一番よかった」「泣いた」と感想が寄せられた。

呉:嬉しいですね。どの作品もそれぞれの国の文化と、コロナも含めた時代の移り変わりを見られる意味のある作品ばかりで、そこに自分が参加できたということが誇らしいです。

杏:日本人のリアルな生活を海外に見せることができた点でも意義があると思います。子どもが「行ってきます」と一人で学校に行くのも驚かれると思うし、なにより「日本のママってこんなにご飯を作っているんだ!」とびっくりすると思う。

呉:フランスではない?

杏:朝から火を使うことはあまりないと聞きます。ビスケットとミルクと果物とか。週末に手の込んだ料理をするぐらいのイメージ。

呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。

杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている。

呉:言葉にせずとも、それが求められちゃっている日本のこの感じ。しかもやらないとなぜか罪悪感を抱いたりもするんですよね。「ああ野菜が足りない」とか。

杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

前スレ (★1 2023/09/02(土) 12:16:26.61)

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693624586/


> 呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

240:

>>1 杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot.
https://dot.asahi.com/articles/-/200151

2023/09/02/ 11:00

世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。AERA2023年9月4日号より。

――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。日本からは国際的に評価され、2児の母でもある呉美保監督に白羽の矢が立った。

呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

杏:監督から「同じ母親である人に演じてもらいたい」とおっしゃっていただき、参加できて嬉しいです。撮影中もお互い「お母さん」をやりつつ参加できる優しいスケジュールを組んでいただけましたし、うちの上の二人が監督のお子さんと年齢が近いので、撮影の合間もけっこう育児トークをしましたよね。

呉:そうそう(笑)。

(略)

「作らなきゃ愛情じゃない」
――3月にニューヨークの国連総会ホールで行われた試写会では「日本の作品が一番よかった」「泣いた」と感想が寄せられた。

呉:嬉しいですね。どの作品もそれぞれの国の文化と、コロナも含めた時代の移り変わりを見られる意味のある作品ばかりで、そこに自分が参加できたということが誇らしいです。

杏:日本人のリアルな生活を海外に見せることができた点でも意義があると思います。子どもが「行ってきます」と一人で学校に行くのも驚かれると思うし、なにより「日本のママってこんなにご飯を作っているんだ!」とびっくりすると思う。

呉:フランスではない?

杏:朝から火を使うことはあまりないと聞きます。ビスケットとミルクと果物とか。週末に手の込んだ料理をするぐらいのイメージ。

呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。

杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている。

呉:言葉にせずとも、それが求められちゃっている日本のこの感じ。しかもやらないとなぜか罪悪感を抱いたりもするんですよね。「ああ野菜が足りない」とか。

杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

前スレ (★1 2023/09/02(土) 12:16:26.61)

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693624586/


「貧しすぎるよ素パスタ……」なんてアニメの主人公が発言したせいだな
やっぱ日本のアニメは害悪だ

432:

>>1 杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot.
https://dot.asahi.com/articles/-/200151

2023/09/02/ 11:00

世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。AERA2023年9月4日号より。

――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。日本からは国際的に評価され、2児の母でもある呉美保監督に白羽の矢が立った。

呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

杏:監督から「同じ母親である人に演じてもらいたい」とおっしゃっていただき、参加できて嬉しいです。撮影中もお互い「お母さん」をやりつつ参加できる優しいスケジュールを組んでいただけましたし、うちの上の二人が監督のお子さんと年齢が近いので、撮影の合間もけっこう育児トークをしましたよね。

呉:そうそう(笑)。

(略)

「作らなきゃ愛情じゃない」
――3月にニューヨークの国連総会ホールで行われた試写会では「日本の作品が一番よかった」「泣いた」と感想が寄せられた。

呉:嬉しいですね。どの作品もそれぞれの国の文化と、コロナも含めた時代の移り変わりを見られる意味のある作品ばかりで、そこに自分が参加できたということが誇らしいです。

杏:日本人のリアルな生活を海外に見せることができた点でも意義があると思います。子どもが「行ってきます」と一人で学校に行くのも驚かれると思うし、なにより「日本のママってこんなにご飯を作っているんだ!」とびっくりすると思う。

呉:フランスではない?

杏:朝から火を使うことはあまりないと聞きます。ビスケットとミルクと果物とか。週末に手の込んだ料理をするぐらいのイメージ。

呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。

杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている。

呉:言葉にせずとも、それが求められちゃっている日本のこの感じ。しかもやらないとなぜか罪悪感を抱いたりもするんですよね。「ああ野菜が足りない」とか。

杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

前スレ (★1 2023/09/02(土) 12:16:26.61)

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693624586/


腹立つのが、以下の件

子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……

あと
>杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている

根付いているものを文化と言います
外国の血が混じってる人には

522:

>>1 杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot.
https://dot.asahi.com/articles/-/200151

2023/09/02/ 11:00

世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。AERA2023年9月4日号より。

――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。日本からは国際的に評価され、2児の母でもある呉美保監督に白羽の矢が立った。

呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

杏:監督から「同じ母親である人に演じてもらいたい」とおっしゃっていただき、参加できて嬉しいです。撮影中もお互い「お母さん」をやりつつ参加できる優しいスケジュールを組んでいただけましたし、うちの上の二人が監督のお子さんと年齢が近いので、撮影の合間もけっこう育児トークをしましたよね。

呉:そうそう(笑)。

(略)

「作らなきゃ愛情じゃない」
――3月にニューヨークの国連総会ホールで行われた試写会では「日本の作品が一番よかった」「泣いた」と感想が寄せられた。

呉:嬉しいですね。どの作品もそれぞれの国の文化と、コロナも含めた時代の移り変わりを見られる意味のある作品ばかりで、そこに自分が参加できたということが誇らしいです。

杏:日本人のリアルな生活を海外に見せることができた点でも意義があると思います。子どもが「行ってきます」と一人で学校に行くのも驚かれると思うし、なにより「日本のママってこんなにご飯を作っているんだ!」とびっくりすると思う。

呉:フランスではない?

杏:朝から火を使うことはあまりないと聞きます。ビスケットとミルクと果物とか。週末に手の込んだ料理をするぐらいのイメージ。

呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。

杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている。

呉:言葉にせずとも、それが求められちゃっている日本のこの感じ。しかもやらないとなぜか罪悪感を抱いたりもするんですよね。「ああ野菜が足りない」とか。

杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

前スレ (★1 2023/09/02(土) 12:16:26.61)

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693624586/


>ざます

まで読んだ

593:

>>1 杏「フランスのお子様ランチは『素パスタ』とウィンナーだけ」 日仏の子育ての違いを吐露 | AERA dot.
https://dot.asahi.com/articles/-/200151

2023/09/02/ 11:00

世界を代表する監督&俳優が七つの物語を紡いだ「私たちの声」。日本から参加した呉美保監督と俳優の杏さんに「リアルなワーママの声」を語ってもらった。AERA2023年9月4日号より。

――「女性の地位向上」をテーマとする非営利映画制作会社「ウィー・ドゥ・イット・トゥギャザー(WDIT)」が企画した「私たちの声」。「映画、芸術、メディアを通して女性を勇気づける」趣旨に賛同した監督&俳優が日本、アメリカ、イタリア、インドを舞台に短編を制作。日本からは国際的に評価され、2児の母でもある呉美保監督に白羽の矢が立った。

呉美保(以下、呉):8年前に上の子を出産してから「長編映画なんて作れるわけがない」と、ずっと撮っていなかったんです。企画とテーマを聞いたときに、自分が「作れるわけがない」とずっとモヤモヤしている、まさにそのことがテーマなんじゃないか!?と思い、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

杏:監督から「同じ母親である人に演じてもらいたい」とおっしゃっていただき、参加できて嬉しいです。撮影中もお互い「お母さん」をやりつつ参加できる優しいスケジュールを組んでいただけましたし、うちの上の二人が監督のお子さんと年齢が近いので、撮影の合間もけっこう育児トークをしましたよね。

呉:そうそう(笑)。

(略)

「作らなきゃ愛情じゃない」
――3月にニューヨークの国連総会ホールで行われた試写会では「日本の作品が一番よかった」「泣いた」と感想が寄せられた。

呉:嬉しいですね。どの作品もそれぞれの国の文化と、コロナも含めた時代の移り変わりを見られる意味のある作品ばかりで、そこに自分が参加できたということが誇らしいです。

杏:日本人のリアルな生活を海外に見せることができた点でも意義があると思います。子どもが「行ってきます」と一人で学校に行くのも驚かれると思うし、なにより「日本のママってこんなにご飯を作っているんだ!」とびっくりすると思う。

呉:フランスではない?

杏:朝から火を使うことはあまりないと聞きます。ビスケットとミルクと果物とか。週末に手の込んだ料理をするぐらいのイメージ。

呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。

杏:なぜか「作らなきゃ愛情じゃない」みたいな感覚が根付いてしまっている。

呉:言葉にせずとも、それが求められちゃっている日本のこの感じ。しかもやらないとなぜか罪悪感を抱いたりもするんですよね。「ああ野菜が足りない」とか。

杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

(構成/フリーランス記者・中村千晶)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

前スレ (★1 2023/09/02(土) 12:16:26.61)

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1693624586/


呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。



こいつ
何のために結婚してるんだろ?

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

69:

この人が「フランスではベビーシッター使うのは当たり前」とか、母親の家事育児負担についていろいろ言ってるのは、フランスでは女性が働くのは当たり前という大前提のもとでの内容

もしフランスで職業を聞かれて「専業主婦です」と答えれば、間違いなく「なぜあなたは成人なのに働いていないのだ?」と聞かれる

146:

>>69 この人が「フランスではベビーシッター使うのは当たり前」とか、母親の家事育児負担についていろいろ言ってるのは、フランスでは女性が働くのは当たり前という大前提のもとでの内容

もしフランスで職業を聞かれて「専業主婦です」と答えれば、間違いなく「なぜあなたは成人なのに働いていないのだ?」と聞かれる


>「なぜあなたは成人なのに働いていないのだ?」

自宅警備が忙しくて

95:

お子様ランチの話は、日本が子育てしにくいと言われるけど海外も良し悪しだ、くらいの意味で取ったんだけど違うの?
ママ友のワンオペが楽って話も、どこともあんまり変わらない、くらいの意味だと思った

128:

フランス、西洋では肥満は少ないようだし
簡単に済ませるときもありメリハリあるんじゃない?
ヨーロッパの大陸側って朝ごはんは比較的簡単
イギリスの方が朝から卵料理、ビーンズ、焼いたトマトとか、定番料理を並べる印象 行ったのだいぶ前だけど
ちなみにメイクも、フランス女性はそんなにファンデばっちりとかにしなくてもいいらしいのは裏山

131:

父親がアレな上に日本ではデジタルタトゥーが残っていて、お子さん達がそれで虐められる可能性があるからね……日本に居ると。

153:

ちなみにアメリカはもっと大雑把というか 学校に持たせるランチの定番
食パン2枚を切らない状況でサンドイッチを作り、使い捨てできるジップロックに入れた超簡単サンドイッチとか
缶詰パスタをそのまま持たせるのも人気あるってね あとりんご丸ごととか
栄養的にアメリカのはあんまり食いたくないが、日本女性は丁寧すぎて
女性社員に昇進を打診するとよく断ったりしがちと言われるが、ブラック気味な企業との両立とか難しいからな

166:

>>153 ちなみにアメリカはもっと大雑把というか 学校に持たせるランチの定番
食パン2枚を切らない状況でサンドイッチを作り、使い捨てできるジップロックに入れた超簡単サンドイッチとか
缶詰パスタをそのまま持たせるのも人気あるってね あとりんご丸ごととか
栄養的にアメリカのはあんまり食いたくないが、日本女性は丁寧すぎて
女性社員に昇進を打診するとよく断ったりしがちと言われるが、ブラック気味な企業との両立とか難しいからな


アメリカ人はフライドポテト食ってるからちゃんと野菜を食べてるなんて言うからなあw

179:

>>166 アメリカ人はフライドポテト食ってるからちゃんと野菜を食べてるなんて言うからなあw

フライドポテトなら、まだ日本でも料理の付け合わせだけど
アメリカやイギリスだと、ランチのお供にポテトチップス(英だとクリスプ)で済ませるパターンもあるみたいだしな
イギリスのカフェでのキッズミールにも、日本でいうポテチがついてくる事があるらしくネットで見た

171:

日本の文化を壊そうとしないでほしい
日本では家族のために一生懸命用意する これを褒めるのだったらわかるけどさ
自分の環境が日本の全てと言わんばかりだ

176:

「フランスのお子様ランチは素パスタとウインナーだけ」
こう言われるとなんだか良いことのように聞こえて日本もそれでいいじゃんと言うヤツもいるだろう

「大阪のお子様ランチは素パスタとウインナーだけ」
こう言われてへえ~良いじゃないかと思うだろうか?

181:

>>176 「フランスのお子様ランチは素パスタとウインナーだけ」
こう言われるとなんだか良いことのように聞こえて日本もそれでいいじゃんと言うヤツもいるだろう

「大阪のお子様ランチは素パスタとウインナーだけ」
こう言われてへえ~良いじゃないかと思うだろうか?


お子様ランチというか
それなら普通のパスタの子供サイズでいいよな

198:

>>176 「フランスのお子様ランチは素パスタとウインナーだけ」
こう言われるとなんだか良いことのように聞こえて日本もそれでいいじゃんと言うヤツもいるだろう

「大阪のお子様ランチは素パスタとウインナーだけ」
こう言われてへえ~良いじゃないかと思うだろうか?


何が言いたいのか意味不明

バカなんだろお前

212:

>>198 何が言いたいのか意味不明

バカなんだろお前


フランスってつけたら何でもカッコよくて文化的と思っちゃう日本人が多いよねってことが言いたいこと

227:

>>212 フランスってつけたら何でもカッコよくて文化的と思っちゃう日本人が多いよねってことが言いたいこと


実際ダサい安っぽい下品な格好とかも、欧米セレブがやってるとそれがオシャレ扱いで流行ったりするもんね
おこらんの内容じゃなくフランスって響きありきのレスばかりなのもそういうことだな

235:

>>212 フランスってつけたら何でもカッコよくて文化的と思っちゃう日本人が多いよねってことが言いたいこと


フランスの素パスタランチを肯定してるやつがまずいないんだが

267:

>呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。


これがよくわからんけど男なんて唐揚げとコロッケ食わせとけば喜ぶと思うんだがなんでもう一品作ろうとするんだ?
勝手に作っといて唐揚げとコロッケだけ食べて満足してたらキレるんだろ?

289:

>>267 >呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。


これがよくわからんけど男なんて唐揚げとコロッケ食わせとけば喜ぶと思うんだがなんでもう一品作ろうとするんだ?
勝手に作っといて唐揚げとコロッケだけ食べて満足してたらキレるんだろ?


旦那はコロッケも唐揚げも好きな店で仕事帰りに買って帰る。
私があまり揚げ物が得意では無いから。
何だかんだで足りないと言うタイプでもあるから、最低でも二品つくるよ。

290:

>>267 >呉:よくママ友と話すのは、「ワンオペの日、子どもだけのときは本当にラク」って。スープと一品あればいいし、それも買ってきた唐揚げやコロッケで子どもも喜ぶ。「でも夫がいるともう一品やらないといけないんだよね……」ってみんな言う。


これがよくわからんけど男なんて唐揚げとコロッケ食わせとけば喜ぶと思うんだがなんでもう一品作ろうとするんだ?
勝手に作っといて唐揚げとコロッケだけ食べて満足してたらキレるんだろ?


女が料理するのは手間だからやらねえわ
買ってきた惣菜で土下座感謝しろ
わかったかこのチョッパリ

とコメントしておられるw

274:

「女性の地位向上」がテーマの映画のトークでこれは多分良い意味では言ってないんだろうね
頑張りたい拘りたいお母さんも居て良いでしょうよ

476:

杏って結婚時の記事で
「東出と2度パリで偶然あって運命感じた」とか抜かしてたからそういう女なんだろ
結婚前は恋愛脳で目が眩んでて理想や妄想で突っ走って
結婚後に相手の真の姿突きつけられて「こんなはずじゃなかった結婚してから豹変した」
と抜かすバカおんなの典型

479:

>>476 杏って結婚時の記事で
「東出と2度パリで偶然あって運命感じた」とか抜かしてたからそういう女なんだろ
結婚前は恋愛脳で目が眩んでて理想や妄想で突っ走って
結婚後に相手の真の姿突きつけられて「こんなはずじゃなかった結婚してから豹変した」
と抜かすバカおんなの典型


東出ハッタショなんやろうけど
杏もハッタショなんよなその辺の言動から察するに確実に

ハッタショ男女ってお互いのデコボコで収まるからな
ほんで子どももハッタショになる
だからハッタショは古代からずっと産み継がれる

490:

>>476 杏って結婚時の記事で
「東出と2度パリで偶然あって運命感じた」とか抜かしてたからそういう女なんだろ
結婚前は恋愛脳で目が眩んでて理想や妄想で突っ走って
結婚後に相手の真の姿突きつけられて「こんなはずじゃなかった結婚してから豹変した」
と抜かすバカおんなの典型


カサンドラ症候群を発症するパートナーによく居る。
心理検査の結果、発症した側は定型発達と言い渡されるケースが圧倒的多数。

561:

今だか少し前だかに米国で多分トップ10に入ったくらい流行った男の曲で、
ベンツだのブランド物が好きな贅沢な女と付き合ってるが、歌詞の中でフランスで寝て
日本で起きようて一文がある

多分世界中を一緒に旅行しようて意味だろうが
残念ながら、どちらも斜陽国家w つうか米国の
日本のイメージは悪くないのかもだが、コレ以上の斜陽国家になるのは見たくない

だが、米国のラジオをネット経由で聞いてるが、日本もおフランスもあまり話題が出てこないのも事実w

679:

ちょっとお前たちに尋ねたいんだが、
杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

お子様ランチの話、どこ行った?

703:

>>679 ちょっとお前たちに尋ねたいんだが、
杏:フランスなんてお子様ランチを頼むと「素パスタ」とウィンナーだけとかありますよ。

呉:「素パスタ」!?(笑)

杏:そう。チーズが少しかかっているかな?くらい。

呉:日本のお母さんは朝から魚焼いて、卵焼き作って。

杏:それでお弁当も作って……ああ「あるある」を話していたら止まらない(笑)。

お子様ランチの話、どこ行った?


自分本位にしか話せないのがまんさんだから

778:

だから、お子様ランチがあるのは日本だけ。
もし、本当にフランスでお子様ランチを注文したんだとしたら、
店の人が何を出したらいいのか分からず、パスタにウインナーを付けて出したんだと思われる。

785:

>>778 だから、お子様ランチがあるのは日本だけ。
もし、本当にフランスでお子様ランチを注文したんだとしたら、
店の人が何を出したらいいのか分からず、パスタにウインナーを付けて出したんだと思われる。


普通にどこでもあるよw
キッズプレートとか。
ファストフード店ではキッズミールっていうことも

899:

>朝から火を使うことはあまりないと聞きます

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
昔のフランスもそうだったよね
今でもそうなんだ
そういえば「ごちそうさん」で関西でも朝は火を使わないってやってたね?
朝から火を使って朝食作るのは東京だけ?

921:

>>899 >朝から火を使うことはあまりないと聞きます

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
昔のフランスもそうだったよね
今でもそうなんだ
そういえば「ごちそうさん」で関西でも朝は火を使わないってやってたね?
朝から火を使って朝食作るのは東京だけ?


関東は朝に飯炊いて
関西は夜に飯炊いてに名残か

958:

>>921 関東は朝に飯炊いて
関西は夜に飯炊いてに名残か


ほお~、そういう違いあったんだな。
飯を炊くのは1日1回ってのはわかるが、タイミング違うんだな。

家康は「米は玄を食うべし」と玄米を推奨してたが、江戸が人口密集し過ぎて
燃料不足問題あって、短時間で炊ける白米が浸透したんだよね。
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1693636306

Comments 0

コメントはまだありません。