堺雅人主演TBS日曜劇場「VIVANT」第5話も好調14・2% 番組最高を更新!役所広司の正体に衝撃 - 芸能人
げいのうまとめんぬ

堺雅人主演TBS日曜劇場「VIVANT」第5話も好調14・2% 番組最高を更新!役所広司の正体に衝撃

2023/08/15
芸能人 0
  • 2023年08月14日 09:00 俳優の堺雅人(49)が主演を務めるTBS日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」(日曜後9・00)は13日、69分スペシャルで第5話が放送され、平均世帯視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。
  • 第3話(7月30日)の13・8%を0・4ポイント上回り、番組最高を更新。
  • 4月期の日曜劇場「ラストマン―全盲の捜査官―」初回(4月23日)の14・7%を射程圏内に入れた。
  • 同時間帯(後9・00~10・09)横並びはトップ。
  • 「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズなどドラマ史に残る大ヒット作を生み続ける同局・福澤克雄監督が原作を初考案したオリジナルドラマ。
  • 初回ラストに嵐の二宮和也が事前告知なしのサプライズ登場。
  • 第5話は、乃木(堺雅人)の正体は何と国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊“別班”だった。
  • 同じく別班の黒須(松坂桃李)とともに、テロ組織“テント”のモニター・山本(迫田孝也)を排除。
  • 一方、山本の死に違和感を抱いた野崎(阿部寛)は、自分たち公安以外に唯一山本の正体を知っていた乃木に疑惑の目を向ける。
  • 役所演じるノゴーン・ベキの正体が判明し、視聴者に衝撃が走った。

1:

2023年08月14日 09:00

 俳優の堺雅人(49)が主演を務めるTBS日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」(日曜後9・00)は13日、69分スペシャルで第5話が放送され、平均世帯視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。第3話(7月30日)の13・8%を0・4ポイント上回り、番組最高を更新。4月期の日曜劇場「ラストマン―全盲の捜査官―」初回(4月23日)の14・7%を射程圏内に入れた。

 同時間帯(後9・00~10・09)横並びはトップ。

 「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズなどドラマ史に残る大ヒット作を生み続ける同局・福澤克雄監督が原作を初考案したオリジナルドラマ。脚本は八津弘幸氏、李正美氏、宮本勇人氏、山本奈奈氏。演出は福澤監督、宮崎陽平監督、加藤亜季子監督。

 初回放送までストーリーや役柄など作品の詳細を明かさない異例の手法。阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、役所広司と主演級の超豪華キャストをはじめ、事前に発表した総勢42人の出演者とモンゴルロケを敢行した以外はベールに包まれたままだった。初回ラストに嵐の二宮和也が事前告知なしのサプライズ登場。43人目の“最後のピース”として反響を呼んだ。

 壮大な映像も話題。モンゴルロケは2カ月半に及ぶ大規模なもの。近年の日本のテレビドラマとしては、異例の長期海外ロケとなった。

 日本と中央アジアを駆け巡る予測不能なアドベンチャー。第5話は、乃木(堺雅人)の正体は何と国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊“別班”だった。同じく別班の黒須(松坂桃李)とともに、テロ組織“テント”のモニター・山本(迫田孝也)を排除。次の目的のため、ある人物の元を訪れる。一方、山本の死に違和感を抱いた野崎(阿部寛)は、自分たち公安以外に唯一山本の正体を知っていた乃木に疑惑の目を向ける。野崎が徹底的に乃木を調べる中、衝撃の過去が明らかに…という展開。役所演じるノゴーン・ベキの正体が判明し、視聴者に衝撃が走った。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/08/14/kiji/20230813s00041000649000c.html

324:

>>1 2023年08月14日 09:00

 俳優の堺雅人(49)が主演を務めるTBS日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」(日曜後9・00)は13日、69分スペシャルで第5話が放送され、平均世帯視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。第3話(7月30日)の13・8%を0・4ポイント上回り、番組最高を更新。4月期の日曜劇場「ラストマン―全盲の捜査官―」初回(4月23日)の14・7%を射程圏内に入れた。

 同時間帯(後9・00~10・09)横並びはトップ。

 「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズなどドラマ史に残る大ヒット作を生み続ける同局・福澤克雄監督が原作を初考案したオリジナルドラマ。脚本は八津弘幸氏、李正美氏、宮本勇人氏、山本奈奈氏。演出は福澤監督、宮崎陽平監督、加藤亜季子監督。

 初回放送までストーリーや役柄など作品の詳細を明かさない異例の手法。阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、役所広司と主演級の超豪華キャストをはじめ、事前に発表した総勢42人の出演者とモンゴルロケを敢行した以外はベールに包まれたままだった。初回ラストに嵐の二宮和也が事前告知なしのサプライズ登場。43人目の“最後のピース”として反響を呼んだ。

 壮大な映像も話題。モンゴルロケは2カ月半に及ぶ大規模なもの。近年の日本のテレビドラマとしては、異例の長期海外ロケとなった。

 日本と中央アジアを駆け巡る予測不能なアドベンチャー。第5話は、乃木(堺雅人)の正体は何と国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊“別班”だった。同じく別班の黒須(松坂桃李)とともに、テロ組織“テント”のモニター・山本(迫田孝也)を排除。次の目的のため、ある人物の元を訪れる。一方、山本の死に違和感を抱いた野崎(阿部寛)は、自分たち公安以外に唯一山本の正体を知っていた乃木に疑惑の目を向ける。野崎が徹底的に乃木を調べる中、衝撃の過去が明らかに…という展開。役所演じるノゴーン・ベキの正体が判明し、視聴者に衝撃が走った。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/08/14/kiji/20230813s00041000649000c.html


一気に話が進んだな。半分私怨になってないか?w

351:

>>1 2023年08月14日 09:00

 俳優の堺雅人(49)が主演を務めるTBS日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」(日曜後9・00)は13日、69分スペシャルで第5話が放送され、平均世帯視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。第3話(7月30日)の13・8%を0・4ポイント上回り、番組最高を更新。4月期の日曜劇場「ラストマン―全盲の捜査官―」初回(4月23日)の14・7%を射程圏内に入れた。

 同時間帯(後9・00~10・09)横並びはトップ。

 「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズなどドラマ史に残る大ヒット作を生み続ける同局・福澤克雄監督が原作を初考案したオリジナルドラマ。脚本は八津弘幸氏、李正美氏、宮本勇人氏、山本奈奈氏。演出は福澤監督、宮崎陽平監督、加藤亜季子監督。

 初回放送までストーリーや役柄など作品の詳細を明かさない異例の手法。阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、役所広司と主演級の超豪華キャストをはじめ、事前に発表した総勢42人の出演者とモンゴルロケを敢行した以外はベールに包まれたままだった。初回ラストに嵐の二宮和也が事前告知なしのサプライズ登場。43人目の“最後のピース”として反響を呼んだ。

 壮大な映像も話題。モンゴルロケは2カ月半に及ぶ大規模なもの。近年の日本のテレビドラマとしては、異例の長期海外ロケとなった。

 日本と中央アジアを駆け巡る予測不能なアドベンチャー。第5話は、乃木(堺雅人)の正体は何と国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊“別班”だった。同じく別班の黒須(松坂桃李)とともに、テロ組織“テント”のモニター・山本(迫田孝也)を排除。次の目的のため、ある人物の元を訪れる。一方、山本の死に違和感を抱いた野崎(阿部寛)は、自分たち公安以外に唯一山本の正体を知っていた乃木に疑惑の目を向ける。野崎が徹底的に乃木を調べる中、衝撃の過去が明らかに…という展開。役所演じるノゴーン・ベキの正体が判明し、視聴者に衝撃が走った。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/08/14/kiji/20230813s00041000649000c.html


テレビドラマの限界なのか、ところどころ安っぽい場面とか筋書きもあるけど
でもテレビだと考えれば面白いからいいのかな (´・ω・`)

357:

>>351 テレビドラマの限界なのか、ところどころ安っぽい場面とか筋書きもあるけど
でもテレビだと考えれば面白いからいいのかな (´・ω・`)


日本の地上波ドラマでもカネさえ掛ければそれなりにはスケールでかいもんが作れると示せたのが何より

675:

>>1 2023年08月14日 09:00

 俳優の堺雅人(49)が主演を務めるTBS日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」(日曜後9・00)は13日、69分スペシャルで第5話が放送され、平均世帯視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。第3話(7月30日)の13・8%を0・4ポイント上回り、番組最高を更新。4月期の日曜劇場「ラストマン―全盲の捜査官―」初回(4月23日)の14・7%を射程圏内に入れた。

 同時間帯(後9・00~10・09)横並びはトップ。

 「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズなどドラマ史に残る大ヒット作を生み続ける同局・福澤克雄監督が原作を初考案したオリジナルドラマ。脚本は八津弘幸氏、李正美氏、宮本勇人氏、山本奈奈氏。演出は福澤監督、宮崎陽平監督、加藤亜季子監督。

 初回放送までストーリーや役柄など作品の詳細を明かさない異例の手法。阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、役所広司と主演級の超豪華キャストをはじめ、事前に発表した総勢42人の出演者とモンゴルロケを敢行した以外はベールに包まれたままだった。初回ラストに嵐の二宮和也が事前告知なしのサプライズ登場。43人目の“最後のピース”として反響を呼んだ。

 壮大な映像も話題。モンゴルロケは2カ月半に及ぶ大規模なもの。近年の日本のテレビドラマとしては、異例の長期海外ロケとなった。

 日本と中央アジアを駆け巡る予測不能なアドベンチャー。第5話は、乃木(堺雅人)の正体は何と国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊“別班”だった。同じく別班の黒須(松坂桃李)とともに、テロ組織“テント”のモニター・山本(迫田孝也)を排除。次の目的のため、ある人物の元を訪れる。一方、山本の死に違和感を抱いた野崎(阿部寛)は、自分たち公安以外に唯一山本の正体を知っていた乃木に疑惑の目を向ける。野崎が徹底的に乃木を調べる中、衝撃の過去が明らかに…という展開。役所演じるノゴーン・ベキの正体が判明し、視聴者に衝撃が走った。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/08/14/kiji/20230813s00041000649000c.html


アレックス・ライダーの超絶劣化版

(`・ω・´)σ꜆꜄꜆ 他のコメント

3:

この後の展開次第では歴史に残るドラマになるな。
5話までの展開やスピードは本当に傑作。

486:

>>3 この後の展開次第では歴史に残るドラマになるな。
5話までの展開やスピードは本当に傑作。


そうなんだ
録画だけしてるけど半沢直樹やドラゴン桜、下町ロケットみたいなものしか観る気力が湧かない

559:

>>486 そうなんだ
録画だけしてるけど半沢直樹やドラゴン桜、下町ロケットみたいなものしか観る気力が湧かない


なら見ろ
スピード感はそれ以上

807:

>>486 そうなんだ
録画だけしてるけど半沢直樹やドラゴン桜、下町ロケットみたいなものしか観る気力が湧かない


息付く暇もない怒涛の展開がある作品が好きならあってる
同僚は明日仕事なのに日曜の夜にこのドラマは心臓に悪くて録画で見ると言ってた

846:

>>3 この後の展開次第では歴史に残るドラマになるな。
5話までの展開やスピードは本当に傑作。


ドラマ始まる前の番宣やらなかったから初回の視聴率がとれなかったのがもったいないな

32:

役所と堺が実の親子でしたで盛り上がって来たねえ
また役所が警視庁勤務(恐らく公安で阿部の先輩)だったといのも想像を膨らませる
役所はテントを公安の命令で作ったCIA的な組織なのかはたまた腐った日本政府をぶっ潰す為に作ったのかでストーリーが変わって来る
個人であんな組織作って運営するのは無理があるから資金面等で考えたらテントのバックは実は公安でしたの方が妥当なんだけどさ
何れにせよテントの最終目標が何故日本なの?と言う疑問に整合性が取れたね

151:

乃木が最後に死ぬ(殺される?)のは確実だろうね。そこから逆算して作られたドラマ

195:

力入れてるのもわかるし
内容も面白い
ただ、内容が難しいのと
1話、2話をただの逃走劇に使って
視聴者を離しちゃったのがもったいなかったね

215:

>>195 力入れてるのもわかるし
内容も面白い
ただ、内容が難しいのと
1話、2話をただの逃走劇に使って
視聴者を離しちゃったのがもったいなかったね


知能指数低いとついていけないよ

297:

1話1話の中での展開が濃厚
砂漠のシーンみたいな臨場感の必要なとこではじっくり魅せて会話劇でたたみかけるシーンもあり緩急があって面白い
役者がみんな顔も演技も強い
前回は迫田回、今回はアリの人
出だしが半沢直樹風に始まってスケールデカくなった感じも入りやすい
ドラムのキャラが良い
チンギスの描写がめっちゃいい
モンゴル(バルカ)のシーンが総じて良い
日本に戻ってきたけどテンション落ちず地上波らしくない残酷なシーンが急に来るのも良い

300:

林遣都は身長173cmと言われてるけどもっと小さいのでは?
林遣都が年老いて約180cmの役所広司になるのは矛盾している
また顔の形も役所広司は面長なので林遣都とは異なる
だからここにもトリックが隠されているはず
役所広司の息子役としてニノが出てきたが低身長
実はニノが林遣都の息子の可能性がある
最後まで目が離せない展開になったね

302:

>>300 林遣都は身長173cmと言われてるけどもっと小さいのでは?
林遣都が年老いて約180cmの役所広司になるのは矛盾している
また顔の形も役所広司は面長なので林遣都とは異なる
だからここにもトリックが隠されているはず
役所広司の息子役としてニノが出てきたが低身長
実はニノが林遣都の息子の可能性がある
最後まで目が離せない展開になったね


演じる俳優に引っ張られすぎワロタ

303:

>>300 林遣都は身長173cmと言われてるけどもっと小さいのでは?
林遣都が年老いて約180cmの役所広司になるのは矛盾している
また顔の形も役所広司は面長なので林遣都とは異なる
だからここにもトリックが隠されているはず
役所広司の息子役としてニノが出てきたが低身長
実はニノが林遣都の息子の可能性がある
最後まで目が離せない展開になったね


堺雅人も170ギリって感じ?小さいよね

309:

あれだけサクッと殺すシーンは堺雅人の冷酷で仕事の出来る別班ぶりをよく表現してる
今のところ実父でテントの親分ッぽいダイワマンが黒幕に思わせてるけど
腹違いの弟二宮が東京で暗躍して大規模テロを画策しそうでもある
だけど最終的に真の黒幕が二階堂ふみっていう

312:

>>309 あれだけサクッと殺すシーンは堺雅人の冷酷で仕事の出来る別班ぶりをよく表現してる
今のところ実父でテントの親分ッぽいダイワマンが黒幕に思わせてるけど
腹違いの弟二宮が東京で暗躍して大規模テロを画策しそうでもある
だけど最終的に真の黒幕が二階堂ふみっていう


あー、ぽいね

405:

このドラマは視聴率はひとつの指標でしかないだろ。
※低くて良いとは思わないが。
もはや、CMで広告収入を得るビジネスモデルは終わり世界中の映像配信会社にコンテンツを売るのが目的だから、変な言い方、名作をつくって売ればそれで良い。

635:

主役級が堺、阿部、役所、二宮、松坂
出演者のクレジット順考えるのも一苦労だな。

701:

昨日の実況スレから

>二宮のジャニーズ会報のインタビュー

>VIVANTに出演してるんですが、ほんの数分の出番があるだけで、台本もその部分しか読んでないのでなにがなんだか分からないので、ドラマを見て初めて知ることばかりです。
>僕と役所さんだけ二人のシーンが多くて、役所さんも「俺はなんの役なんだ?ヤクザなのか?」とまったくわかっていません。

703:

>>701 昨日の実況スレから

>二宮のジャニーズ会報のインタビュー

>VIVANTに出演してるんですが、ほんの数分の出番があるだけで、台本もその部分しか読んでないのでなにがなんだか分からないので、ドラマを見て初めて知ることばかりです。
>僕と役所さんだけ二人のシーンが多くて、役所さんも「俺はなんの役なんだ?ヤクザなのか?」とまったくわかっていません。


まー代紋と考えてもおかしくないね
なんでわざわざ自家の家紋を
ジャイ監督とやらの説明を待ちますか

705:

>>701 昨日の実況スレから

>二宮のジャニーズ会報のインタビュー

>VIVANTに出演してるんですが、ほんの数分の出番があるだけで、台本もその部分しか読んでないのでなにがなんだか分からないので、ドラマを見て初めて知ることばかりです。
>僕と役所さんだけ二人のシーンが多くて、役所さんも「俺はなんの役なんだ?ヤクザなのか?」とまったくわかっていません。


丹波哲郎とかも台本の自分のセリフの部分だけしか読まないから
撮影終盤になって「ところで俺はなんの役なんだ?」とか言ってたらしいがニノもその域に近づいてきたな

716:

しかしここの考察班当てまくりやな
考察してたザイールに2発とか何回見ても分からんかったぞ。堺の素ぶりはわかったけど

727:

>>716 しかしここの考察班当てまくりやな
考察してたザイールに2発とか何回見ても分からんかったぞ。堺の素ぶりはわかったけど


そんなの普通解る訳無いでしょ?w

741:

関西の毎日放送は日曜の13:30から5話までのダイジェストやりますよ。この前も再放送やってた。

788:

1話で振込みミスのお金返してもらいに行った先の外国人社長役がよく見る日本人脇役俳優で
あれでもう冷めてしまって見るのやめた

806:

4話からいきなり面白くなったな
5話のアレは前代未聞の演出だった

836:

>>806 4話からいきなり面白くなったな
5話のアレは前代未聞の演出だった


どの部分?
引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1691971958

Comments 0

コメントはまだありません。